ドライヤーを使用すると薄毛になるという噂がありますが、これは半分正解です。 使用方法を誤ってしまうと、髪や頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛を引き起こす原因になってしまいます。 しかし、ドライヤーでしっかりと髪を乾かさないと、細菌が繁殖してしまって、頭皮トラブルの原因にもなりかねません。 そのため、正しい方法でドライヤーを使用して薄毛を予防しましょう。 ドライヤーを使用する時の注意点は、次の3つです。 ・まんべんなく乾かす ・髪に近づけすぎない ・根元から毛先へ向かって乾かす まず、大事になってくるのが、まんべんなく乾かすということです。 1ヵ所だけに熱を当ててしまうと、髪や頭皮に大きなダメージを与えることになるので止めてください。 それに、ドライヤーを髪に近づけすぎると、熱によって頭皮や髪に悪影響を与えます。 必ず頭皮から10センチくらいは、離すようにしてください。 また、ドライヤーの時間が長いと、それだけダメージが大きくなるので、早く乾かすためにも根元から毛先へ向かって温風を当てるようにします。